January 04, 2004

新年

やれ構え相手をしろと新年そうそう姦しい女房にこれも仕事と偽り「絡新婦の理」(京極夏彦著)を三が日で読了。おとそ気分で、カバラ−フェミニズム-夜這いと女系社会-黒魔術などが絡む推理小説を。ま、「鉄鼠の檻」の方が面白かったかな。

投稿者 sperm : January 4, 2004 12:33 AM | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?