November 16, 2004

どうなんだろか

横田めぐみさんの遺骨が届けられたそうで、遺族の方や拉致被害者家族の方々の心境をおもうと胸が痛むのだが、それにしても。

「死亡原因も(他人のものとされた)遺骨についても説明があったが、今まで無いとされてきたものがいきなり出て来るのはうそをついてるようなこと」
「あぜんとした。一昨年の調査団の持ち帰った結果とほとんど変わっていない。警察庁や県警に提出した情報と今日の情報は矛盾するところが出てくると思うので徹底解明してほしい」
「表情は明るく、本当に精神病にかかっていたのか。自殺なんて絶対ない」
「何回調査をやっても北はうそを続ける。(死亡原因とされる)交通事故の調書は作られたものという疑念はぬぐえない」
「結婚証明書をねつ造だったと認めた国をどうやって信じられるでしょうか」

と、まあ短い会見の中に出てくる出てくる。

しかし、嘘をついている相手に、こんなにおまえは嘘つきだからちゃんと調査して本当のこと言え、ってうながしても、正直無理だよね。。。、

かといって、

「あの国といつまで話し合いを続けても一緒。拉致された方全員を取り戻すまでは頑張っていこうと思う」

って、日本語としてどうなんだろうか。この問題に深くコミットはできないし、する気もないのだけど、本当に、ちょっとずつ、色々な人の話す日本語が変になっていっているのが不気味でして。